categories

archives

宅建合格最短ロードマップ

指導合格率80%超を達成した宅建講師の送るメールマガジン
メルマガ購読・解除
 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.08.30 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    任意代理人による復代理人の選任

    0
       
      任意代理人による復代理人の選任

      原則;( 1 )。

      例外;( 2 )を得たとき・( 3 )があるとき

      (任意代理人は本人がこの人と見込んで選任する
      ものなので、自由に復代理人の選任を許すべきでは
      ないから。)













      解答

      ( 1 )できない。 ( 2 )本人の許諾 
      ( 3 )やむを得ない事由


      今から始めるなら宅建最短合格音声講座2011

      復代理人

      0

        復代理人

        代理人の代わりに本人のために代理行為を行う者

        復代理人と相手方の間で意思表示が合致すると
        ( 1 )と相手方の間に契約が成立する。

        復代理人はあくまで( 2 )の代理人である点に注意。

        復代理人の代理権の範囲は( 3 )の代理権の
        範囲内である。

        代理人の代理権が( 4 )すれば、復代理人の
        代理権も( 5 )する。

        (復代理人の代理権は代理人の代理権の存在が
        前提となるものであるということ。)













        解答
        ( 1 )本人 ( 2 )本人 ( 3 )代理人 
        ( 4 )消滅 ( 5 )消滅


        合格率80%超の宅建講座をお手軽価格で受講する方法




        代理行為の瑕疵

        1
         
        代理行為の瑕疵

        意思表示の効力が意思の不存在、詐欺、
        強迫又はある事情を知っていたこと(悪意)
        若しくは知らなかったことにつき過失
        (善意・有過失)があったことによって影響を
        受けるべき場合には、その事実の有無は、
        ( 1 )について決するものとする。

        ただし、取消権の行使ができるのは本人。

        (代理の場合、意思表示をするのは本人で
        なく、あくまで( 2 )なので、( 3 )について
        意思表示についての瑕疵の有無等を判断
        すべきだから。)

        特定の法律行為をすることを委託された
        場合において、代理人が( 4 )に従って
        その行為をしたときは、本人は、自ら
        知っていた事情について代理人が
        知らなかったことを主張することができない。

        本人が( 5 )によって知らなかった事情に
        ついても、同様とする。

        (代理人が本人の指図に従ってその行為を
        している場合に、本人が悪意若しくは
        善意有過失なのに、代理人が( 6 )なのを
        いいことに、本人にとって有利な主張をする
        ことを許すのは不公平だから。)













        解答

        ( 1 )代理人 ( 2 )代理人 ( 3 )代理人
        ( 4 )本人の指図 ( 5 )過失 ( 6 )善意


        宅建最短合格への切札




        顕名のない代理行為

        0
           
          顕名のない代理行為

          代理人が本人のためにすることを示さない
          でした意思表示は、( 1 )したものと
          みなす。

          ただし、相手方が、
          代理人が( 2 )することを知り(悪意)、
          又は( 3 )(有過失)は、本人に対して
          直接にその効力を生ずる。

          (代理行為として( 4 )であるということ。)













          解答

          ( 1 )自己のために ( 2 )本人のために 
          ( 3 )知ることができたとき ( 4 )有効


          宅建にアッサリ合格する具体的な方法



          双方代理

          5
           
          双方代理

          原則;( 1 )

          例外;
          ( 2 )及び
          ( 3 )
          については、できる。













          解答

          ( 1 )禁止 ( 2 )債務の履行 
          ( 3 )本人があらかじめ許諾した行為


          最短1か月で合格ラインを突破!!





          自己契約

          2
           
          自己契約

          原則;( 1 )
          例外;
          ( 2 )及び
          ( 3 )
          については、できる。













          解答

          ( 1 )禁止 ( 2 )債務の履行 
          ( 3 )本人があらかじめ許諾した行為


          合格率80%超の宅建講座の激安音声版



          代理人の資格

          0
             
            代理人の資格

            任意代理人は、( 1 )であることを要しない。

            代理人が制限行為能力者であることを理由に
            契約を( 2 )。

            (制限行為能力者が不利な契約を結んだと
            しても、法律効果が帰属するのは本人なので
            取消権を認めなくても制限行為能力者の保護
            に欠けることがないから。)













            解答
            ( 1 )行為能力者 
            ( 2 )取消すことはできない。


            おじいさんもあっさり合格!!



            代理

            4
             
            代理

            代理行為の効果が本人に帰属するためには
            ( 1 )
            ( 2 )(本人のためにすることを示すこと。)
            が必要。

            顕名
            例;「Aさんの代理人Bです。」と名乗る。
            顕名のない代理行為は、代理人が( 3 )
            したものと「みなす。」ことになっている。













            解答

            ( 1 )代理権の存在 ( 2 )顕名 
            ( 3 )自分のために


            宅建最短合格への切札!!



            錯誤無効の主張と第三者との関係

            0
               
              錯誤無効の主張と第三者との関係


              錯誤による無効は( 1 )にも対抗できる。















              解答

              ( 1 )善意の第三者


              宅建過去問を自然に丸覚え!!




              錯誤

              0
                 
                錯誤

                意思表示は、( 1 )(重要な部分のこと)に
                錯誤があったときは、無効とする。

                ただし、表意者に( 2 )があったときは、
                表意者は、自らその無効を主張することが
                できない。

                (( 3 )なら無効主張は可能ということ。)

                ( 4 )は相手方に表示されている場合に
                かぎり要素の錯誤となる。

                (たとえば「この側に駅ができるからこの土地
                を購入するのだ。」というふうに動機が表示
                されていれば要素の錯誤となり、無効主張が
                可能になる。)

                表意者が錯誤無効を主張しない場合に、
                相手方が( 5 )錯誤無効を主張することは
                できない。

                (錯誤はあくまで錯誤による意思表示をした者
                を保護するための制度であるから、表意者が
                錯誤無効を主張する意思がないときに、
                他の者に錯誤無効を主張させる必要性が
                ないから。)













                解答

                ( 1 )法律行為の要素 ( 2 )重大な過失 
                ( 3 )軽過失 ( 4 )動機の錯誤 
                ( 5 )表意者の意思に反して


                定年退職したおじいさんも合格



                << | 2/5PAGES | >>